継続は力なり

タイトル通り定期的な更新を心掛けるブログです。

4/16~4/21 AWSブログ

タダです。

今週のAWSブログアップデートをまとめていきます。

1、Amazon Kinesis Video Streams および Amazon AI サービスを使用した注意とエンゲージメントを測定するためのボディーランゲージの自動分析の構築

2、Amazon Kinesis Video StreamsとAmazon Rekognition Videoでハイエンドコンシューマーエクスペリエンスを提供するために顔認識を使用する

  • Kinesis Video StreamsとRekognition Videoを組み合わせたリアルタイムの顔情報認識を構成する記事です
    • 顔認識の部分はラズパイとKinesis Video StreamsのSDKを使っています

3、LumberyardとAWSを使用して数分で(数日ではなく)大規模で再現度の高いの地形を生成

  • ゲームの地形生成を、LumberyardとAWSならすぐできる、という紹介記事です

4、AWS AppSync – 6 つの新機能を加え本番提供開始

  • AppSyncが6つの機能が追加されて本番提供開始されました

    1.コンソールログアクセス – AWS AppSync コンソールの中から GraphQL クエリー、ミューテーション、サブスクリプションをテストするときに作成される CloudWatch Logs を確認することができるようになりました。

    2.モックデータによるコンソール試験遂行 – 試験遂行の目的でコンソールにモックコンテキストオブジェクトを作成し、使用することができるようになりました。

    3.サブスクリプションゾルバ – すでにクエリに対して行い、リクエストを変更する方法と同様に、AWS AppSync サブスクリプションリクエストに対するリゾルバを作成することができるようになりました。

    4.DynamoDB のバッチ GraphQL オペレーション – DynamoDB のバッチオペレーション (BatchGetItem と BatchWriteItem) をリゾルバ機能の中の 1 つ以上のテーブルにわたって利用することができるようになりました。

    5.CloudWatch サポート – AWS AppSync API へのコールをモニタリングするために、Amazon CloudWatch Metrics と CloudWatch Logs を使用できるようになりました。

    6.CloudFormation サポート – AWS CloudFormation テンプレートを使用して、スキーマ、データソース、リゾルバを定義することができるようになりました。

5、Initiafy と Amazon Polly でアクセス可能なトレーニングを作成する

  • InitiafyのAmazon Polly利用事例の紹介記事です

6、Amazon SageMaker を使用して Word-Pronunciation シーケンスツーシーケンスモデルを作成する

  • SageMaker seq2seqは、シーケンスツーシーケンスタスクでエンコーダーデコーダアーキテクチャを利用するための方法を提供します
  • Amazon SageMaker Word-PronunciationノートブックでSageMaker seq2seqの使い方を紹介する記事になります

7、Amazon EC2 C5 および P3 インスタンスで、最適化された TensorFlow 1.6 により、高速なトレーニングを実行する

8、Amazon SageMaker がサポートする、「マーチマッドネス」予想アプリケーションを構築する

  • SageMakerでマーチマッドネスの予想アプリケーションを作った時の構成方法紹介記事です

9、Amazon Sagemaker モデルのパフォーマンスのリアルタイム監視に Amazon CloudWatch カスタムメトリックスを使用する

  • SageMakerモデルのパフォーマンスをCloudWatchでリアルタイム監視するための方法に関する記事です

10、Amazon Machine Learning API と PubNub ChatEngine でスマートなチャットアプリを開発する

11、Gluon on Amazon SageMaker 上の Gluon および AWS Batch によるテキスト分類

  • GluonとSageMakerでのトレーニング後、AWS Batchの処理を行い、Lambdaでトレーニング済みのデータに対して予測スクリプトを使うシステムの紹介記事です
    • SageMakerのトレーニングと予測のためのコードをDockerを使うが、そのイメージはECRにアップロードします

12、ライフサイクル構成およびインターネットアクセスを無効にするオプションを使用して Amazon SageMaker ノートブックインスタンスをカスタマイズする

  • SageMakerで2つの機能をオプションで追加しました
    • ノートブックインスタンスのカスタマイズプロセスの自動化を支援するライフサイクル構成
    • ノートブックインスタンスに制御されたセキュリティ環境を提供するために、パブリックインターネットから切り離す機能

13、より高速で、より柔軟性のあるモデルを Amazon SageMaker 線形学習者でトレーニングする

  • SageMakerの線形学習者アルゴリズムに幾つか機能が追加されました
    • 最適なモデルに対しては早期に終了して保存する
    • 新しい手法の追加(ヒンジ損失、分位点損失、Huber損失、イプシロン不感応損失、クラス重み付けオプション)

14、Amazon Translate を使用したチャットチャンネル

  • Twitchのチャットにおける翻訳機能にAmazon Translateを導入しています
    • 加えてメッセージを音声で読み上げる時にPollyを追加するアーキテクチャの紹介記事です

15、EFS ファイルシステムを Amazon SageMaker ノートブックに (ライフサイクル設定を含めて) マウントする

  • SageMakerノートブックインスタンスにEFSをマウントする方法を紹介する記事です

16、[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon EC2 資料及び QA 公開

  • 表題のWebinarの資料及びQA公開記事です

17、【開催報告】Amazon Chimeを使ったJAWS DAYS 2018 re:Capが開催されました

  • 表題のイベント開催レポート記事です

18、MySQLデータベースをAuroraへ移行する方法をマスターする

  • オンプレミスのMySQLを、EC2に移行し、最終的にAuroraへ移行した振り返りの記事です

19、AWSの新しい Registry of Open Data(RODA)

  • Registry of Open Dataが発表され、パブリックデータセットが含まれています
    • このデータセットを追加して、AWSで分析が可能になります
  • 以下がそのサイトです

Registry of Open Data on AWS

20、[AWS Black Belt Online Seminar] Amazon VPC 資料及び QA 公開

  • 表題のWebinarの資料及びQA公開記事です

以上が今週のアップデート記事まとめです。