読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継続は力なり

タイトル通り定期的な更新を心掛けるブログです。

9/4~9/11 AWSブログ

タダです。

今週は旅行で伊豆まで行ってきて楽しかったです。 さて、今週のAWSアップデートをまとめていきます。

1、週刊AWS – 2016 年 8 月 22 日

8/22~8/28までのAWSのアップデート情報や注目OSS情報、Slideshare情報が載っています。 OSSの「aws-lambda-container-monitoring」が気になります。。

2、新機能 – EC2 スポットフリートの Auto Scaling

スポットフリートでAuto Scalingが対応しました。

3、週刊AWS – 2016 年 8 月 29 日

8/29~9/2までのAWSのアップデート情報や注目OSS情報、Slideshare情報が載っています。

4、AWS SDK for C++ – 本稼働環境で使用する準備ができました

AWS SDK for C++がリリースされました。

5、Yemeksepeti: サーバーレスアーキテクチャへの当社の移行

トルコの会社 Yemeksepeti社のサーバーレスアーキテクチャ移行事例です。

6、Amazon Auroraにリーダーエンドポイントが追加されました – 負荷分散と高可用性向上 –

Auroraの自動レプリカ機能を向上させる、以下の2つの機能が追加されました。

  • Load Balancing – クラスタエンドポイントに接続することでDBクラスタ内のリードレプリカ間でコネクションのロードバランシングが可能になります。これは、リードワークロードを分散することで利用可能なレプリカ間でリソースを効率的に活用することができ、よりよりパフォーマンスを得ることが可能になります。フェイルオーバーの際には、もしアプリケーションが接続しているレプリカがプライマリインスタンスに昇格した場合コネクションは一旦クローズされます。その後、再接続を行うことでクラスタ内の他のレプリカにリードクエリを実行することが可能です。

  • Higher Availability – 複数のAuroraレプリカをAvailability Zone毎に配置し、リードエンドポイント経由で接続することが出来ます。Availability Zoneの可用性の問題が万が一発生した場合、リードエンドポイントを利用することで最小限のダウンタイムでリードトラフィックを他のレプリカに実行可能です。

以上が今週のアップデートまとめになります。