読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継続は力なり

タイトル通り定期的な更新を心掛けるブログです。

5/2~5/6 AWSブログ

AWS

タダです。


ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか?
私は、平日二日出勤していたのですが、社内は閑散としていたし、電車も閑散していてなんだか寂しかったですね。

さて、5/2~5/6 AWSのアップデート情報をまとめていきます。

1、MariaDB audit plug-inがRDS MySQLとMariaDBでご利用可能になりました
タイトル通りのアップデートがありました。
プラグインは、アプリケーションの問題を切り分けたり、データベースのイベントログを取得できるとのこと。
主な機能

  • Enabling and disabling the audit plug-in

ロギングが有効化できるオプション

  • SERVER_AUDIT_EVENTS変数

次のようなイベントを取得できる
CONNECTION:ユーザーが接続・切断したイベント
QUERY:クエリとその結果
TABLE:クエリによってアクセスされたテーブル

  • SERVER_AUDIT_EXCL_USERS と SERVER_AUDIT_INCL_USERS変数

どのユーザーを監査対象にするか否かを設定可能


2、Amazon RDS MySQLにてMySQL 5.6から5.7へ数クリックでアップグレード出来るようになりました
MySQL5.6→5.7へのアップグレードがマネジメントコンソールやAPIで実施できるようになりました。
アップグレードの前に、こちらで確認を行ってからアップグレードを行う方が良いです。
また、アップグレードが完了するまでの数分間データベースインスタンスへ接続できなくなるので、注意が必要です。


3、Redshiftアップデート:バックアップ不要表の指定、トランザクションのロック状況を出力する新しいビュー等
アップデートがあったのは、以下の点です。

  • CREATE TABLEのオプションで、BACKUP NOオプションが指定可能になりました。

詳細は、こちら

  • CREATE USERのパスワードを予めMD5ハッシュ化しておけば、パスワードとして指定できるようになりました。

詳細は、こちら

  • SVV_TRANSACTIONSビューが提供されました。

詳細は、こちら

  • SAS/ACCESSのRedshift対応が拡張され、Implicit passthrough機能(自動的なプッシュダウンし、性能向上可能)などがRedshiftに対して有効になりました。

詳細は、こちら


4、AWS CodePipeline が AWS CodeCommit との連携をサポートしました
CodeCommitとCodePipelineが連携可能に!
しかし、試してみたのですが、対応リージョン内でしか連携できないため、今はバージニアでしか使えないです。
早く、全リージョン対応はよ!です。

以上が今週のアップデートになります。