読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継続は力なり

タイトル通り定期的な更新を心掛けるブログです。

3/21〜4/2 AWSブログ

AWS

タダです。

サボってしまっていたので、2週分(3/21〜4/2)のAWSアップデート情報をまとめていきます。


1、CloudWatch Metrics for Spot Fleets

CloudWatch Metrics for Spot Fleets | Amazon Web Services ブログ

CloudWatchでEC2のスポットフリート(1台のインスタンスから何千台のインスタンスまで扱える)を監視できるようになりました。
入札プロセスのヒントとなるメトリックスは以下のものになります。

メトリックス名 説明
AvailableInstancePoolsCount スポットフリートのリクエストに含まれるインスタンス・プールの数
BidsSubmittedForCapacity スポットフリート キャパシティの入札数
EligibleInstancePoolsCount スポットインスタンスリクエストの対象となるインスタンスプールの数
FulfilledCapacity フリートキャパシティを満たす容量の合計
PercentCapacityAllocation 特定ディメンションに割り当てられた容量の割合
PendingCapacity ターゲットキャパシティと利用済みキャパシティの差異
TargetCapacity スポットフリート内の現在要求されたターゲットキャパシティ
TerminatingCapacity スポットインスタンスの終了通知を受けたインスタンスインスタンスキャパシティ


2、データの暗号化をシンプルにし、アプリケーションの可用性を向上する新しいAWS Encryption SDKの利用法

データの暗号化をシンプルにし、アプリケーションの可用性を向上する新しいAWS Encryption SDKの利用法 | Amazon Web Services ブログ

・暗号化用のSDKAWS Encryption SDK』がリリース。
AWS Encryption SDKの一つの利点は、低レベルの暗号処理はSDKで取り扱われるため、データの移動にフォーカスすることができることです。次に、パワフルでセキュアなマルチリージョンソリューションを構築する簡単なコードを示します。


3、Amazon RDS for SQL ServerWindows認証のサポート

Amazon RDS for SQL Server – Windows認証のサポート | Amazon Web Services ブログ

AWS Directory Service for Microsoft Active Directory (Enterprise Edition)に保存されたクレデンシャルを使用してAmazon RDS for SQL Serverに対するアプリケーションの認証ができるようになりました。
・データベースインスタンスを起動させるときに、オプションで指定ができます。

以上が、アップデート情報になります。
あまりアップデート情報はなかったですね。