読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継続は力なり

タイトル通り定期的な更新を心掛けるブログです。

3/14〜3/20 AWSブログ

AWS

タダです。

3/14〜3/20 AWSブログで発表されたことをまとめていきます。


1. Amazon Auroraのリードレプリカで、フェイルオーバーの順番を指定可能になりました

aws.typepad.com

クラスターのフェイルオーバーでリードレプリカの昇格順を指定できるようになりました。
・フェイルオーバーの優先順位は、(1)指定した優先度、(2)同じ優先度が複数ある場合は、フェイルオーバー発生時のマスターインスタンスよりインスタンスサイズの大きいインスタンス、(3)優先順位もインスタンスサイズも同じ場合は、同じサブネットに起動しているレプリカを優先し、次に同じAZに起動しているレプリカインスタンスが指定されます。


2. Amazon EMR 4.4.0 - Sqoop, HCatalog, Java 8, その他

aws.typepad.com

タイトル名に記載のアップデートの他に、Zepplin、Presto、Mahout、HCatalog、Sparkのデフォルト設定の改善などのアップデートがありました。


3. AWS Database Migration Service (DMS)が一般公開に!利用可能リージョンも拡大

aws.typepad.com

遂にプレビューが外れ、GA化したData Migration Service!
東京リージョンでも使えます。


4. AWS IoT が Elasticsearch Service と CloudWatch に連携できるようになりました

aws.typepad.com

タイトル通りのアップデートがありました。


5. Redshiftアップデート:COPYやVACUUMの機能向上、クラスターリサイズの速度向上等

aws.typepad.com

・今回のアップデートが以下の機能が使えるようになりました。

  • ユーザーが定義した閾値よりも大きい比率でソート済みのテーブルは、VACUUMでソートをスキップする
  • COPYで条件に沿ったデータを挿入した場合、ソート済みの領域としてマージされる
  • 接続ログに、SSLのバージョンとSSLサイファーが記録される

・また、オレゴンリージョンでのみしか使用できませんが、約2週間をかけて各リージョンへデプロイされるそうです。

以上が今週のアップデート情報になります。