読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

継続は力なり

タイトル通り定期的な更新を心掛けるブログです。

2016年始まりました

日記

タダです。

2015年の振返り

2016年が始まりましたが、2015年を振り返ってみようかと思います。

2015年は、仕事としては、社会人4年目に入ったのですが自分にとって転機の年になったと思います。
自分が注力したい、クラウドの勉強と実務業務に携る機会が増えて社外の人との接点もできました。
転機の年に感じたのは、『劣等感』と『挑戦』です。

まず、『劣等感』は、客先常駐を今年の上半期はしていましたが、下半期に自社業務のためという名目で引き揚げさせられました。
社内に戻って自社サービスを作れというふわっとした依頼が入り、私ともう1人の先輩と対処していきました。
結果として、プログラミングが必要となったのですが、自分がプログラミング能力が足りないという理由でサービスを作るというところから外され、
その他の関連業務(ドキュメント作りとかテストとか)をやることになりました。
この頃は非常に精神的にきつく、自分が積み上げてきたものを否定された気持ちでした。
自分の頑張りでは全く足りず、ダメだダメだと否定され続け何のために頑張っているのかもわからなくっていた時期でもありました。

いろんな理由を考えたりもしたけれど、結局自分の課題から目を背けてきた結果だったのだろうと感じますが、
一緒にやっていた先輩から自分もプログラミングできないけど、君を外したってへらへら笑いながら話を訊いた時はひどいなって純粋に思いました。
この悔しさは感じつつ社外の人と出会ううちに、今この場に居続けるよりも最前線で仕事をしている人も環境もある会社に働きたいと、
この悔しさをたくさん味わって行きたいと想いがでてきました。

この想いが『挑戦』への気持ちの変化です。
自分が仕事が出来ていないことも課題が山積みであることもわかっており、今の会社でポンコツなくせに何ができるんだって思います。
だけど、今の会社よりも挑戦がたくさんできる環境や一緒にこのクラウドを盛り上げていきたいと思える人がいる会社があって、
今後目指していきたい姿も面白くて、そこが一緒に働くチャンスをくれました。
自分の中の直感を信じ、楽しいと思えることを追求していける会社で頑張りたいと、挑戦したいと思います。

2016年抱負

こんな2015年を経て、2016年は『挑戦』し続けていきたいです。


・ブログのアウトプットは考えを整理するために続けていきます。

・技術は、自分に足りないと思うところは向上させ続けていきます。

・社外の人との接点は時間とお金を使って密接に関係性を築いていきます。


至らないことなんて数えてもきりが無いので、目の前の課題と目指したい姿を照らし合わせて一つ一つ乗り越えていきます。